9月29日まで / 無料動画・配信中

           

理念

日本に正しい投資教育を根付かせる

日本の投資教育を変えたい

日本は投資教育の後進国です。体系的な投資教育の場がほとんどありません。そして、正しい投資教育がなされていません。

そのために日本人は陥らなくてもいい落とし穴に陥り、損しなくてもいいところで損をしています。

それが残念でなりません。

もちろん、投資には損得はつきものです。
しかし、現状ではちょっと勉強すれば避けられる落とし穴にはまっている人が多いのです。

日本人の「投資」に対するイメージを変えたい

日本ではなぜか「投資」というものはギャンブルの一種というような捉え方をされています。

汗水垂らして働くことが美徳とされていますから、投資でお金を儲けることは楽して儲けようとしていることだと誤解されています。

ですから、投資をしている人は周りの人に内緒で少し後ろめたい気持ちで投資をしています。

世界中を見渡しても、こんな国は日本だけです。
投資は立派な経済行為であり、経済活動に大きく貢献する大変意義ある活動です。

他国では投資家は尊敬の対象なのです。
日本における投資のイメージを変え、投資家が正当な評価を受けることが、とても大切なことだと思っています。

ホンモノの投資家を育てたい

世界から見た日本の投資家は言葉は悪いですが「カモ」です。

お金を持っていても投資のことは何も知らないまま市場に参加しているのですからいいカモです。

これらは全て投資教育の遅れによるものです。株式市場もFX市場も、外人投資家に蹂躙されています。

ホンモノの投資家とはリスク管理がしっかりとできて、正しくリスクテイクできる投資家のことです。

そして勝てる投資家のことです。

市場の復興こそが日本経済を復興させる方法

日本の市場は証券市場も商品市場もどんどん衰退し、世界の中での相対的な順位を下げています。

資本主義、市場経済という仕組みの中で市場の果たす役割は大きく、アジアのハブとなる市場が東京であるかないかは日本の将来を左右するほど大事なことだと思っています。

ハブとなる市場にはお金と情報が集まります。そして、お金と情報が集まらない国は衰退していくのです。

市場をどうやって復興させていくかということを考えたとき、一番必要なのはホンモノの投資家であり、投資教育だと思っています。

今こそホンモノの投資家教育が求められています。

手塚宏二のライフワーク

  • 日本に正しい投資教育を根付かせる
  • 勝てる投資家を育てる
  • 品格のある投資家を育てる